テンプルエンドに向けて太くなる、



雫のようにかたどられた芯金。



掛ける人の後頭部にウエイトを持たせることで、



テンプルエンドがフロントを吊るすようになり、



前に落ちにくい効果が期待できます。



太い芯金はシューティングが出来ないため



貼り合わせテンプルとなっています。



元来、装飾のために用いられることの多かった



貼り合わせテンプルを



機構のために用いた新しい取り組みです。



テンションのかかりやすいテンプルの前側は



くの字形に。



逆ぞりを防ぎ、側頭部を包み込みます。



貼り合わせたテンプルがもたらす



新しい機構とカラーリング



色を楽しむコレクション。.

A core metal shaped like a drop that grows thicker toward the temple end.



By giving a weight to the back of the person who wears it, the temple end



It comes to be hung, and you can expect the effect that it will not fall in front.



The inside of core bar is a laminated temple.



Originally, the laminated temples that were often used for decoration



This is a new initiative used for the mechanism.



A temple-shaped front side of the temple where tension is easily applied.



New mechanism and coloring brought about by the laminated temples.



And we expect collection to enjoy colors.