cft 01 〜 08

material : titanium, β-titanium, acetate

素材の特性を最大限に活かすことで生まれる構造。

フロント素材は、色の豊富さ、質感の相性という理由でアセテート素材を採用。工場では、チタンとアセテートの最適なバランスを取るために、パーツの試作と確認作業を繰り返しました。

フロントとの接地部分は、音叉の形状からインスパイア。二股に分かれた音叉の構図は、フロントに留めるためのパイプを二ヶ所、左右で計四ヶ所も設けることができるため、フロントとテンプルを繋ぐパーツとして理にかなっています


A structure created by maximizing the characteristics of materials. The front material is an acetate because of its a lot of colors and compatibility. At the factory, we repeated the trial production of parts and the confirmation work to obtain the optimum balance between titanium and acetate. The temple and front connecting part is inspired by the shape of the tuning fork. And the parts are made by integral molding with two pipes on the parts, Which firmly holds the temple and front together.